ホーム » 金井山と金井山城
東莱

金井山と金井山城

美しい自然景観と文化遺跡を兼ね備えた名山
金井山(クムジョンサン)は、釜山(プサン)で最も景色が綺麗で壮大さを誇る山です。海抜は801メートルでそれ程高くはない山ですが、南の金剛山と呼ばれる程に山並みが秀麗で、金井山城、梵魚寺などの文化遺跡と黒ヤギ料理、金井山マッコリで有名な山城マウルがあり、東来温泉(トンレオンチョン)、金剛公園などの慰楽施設も近くにあって、年中登山客たちの足取りが絶えないところです。

また屏風パーウィ(岩)、銀壁、大陸峰岩場などの有名な岩壁が多く、岩壁登攀家たちにも親しまれています。

韓国で最も規模の大きいお城であり、史跡第215号として指定されている金井山城は、東西南北4つの門と、1万7000余メートルにもなる城郭から構成され、城郭の高さが1,5~3メートルになっており、全区間に展望台や散策路などが綺麗に整備されています。

このお城の正確な記録はありませんが、山城の位置や規模から考えて、三国時代に築城されたものではないかと推測しています。また、毎年5月になりますと「金井山城歴史文化祭り」が開催されます。

行き方
1.地下鉄1号線の温泉場駅で下車し、203番座席バス利用(東門方面
2.地下鉄1号線の梵魚寺駅で下車し、梵魚寺駅の付近にある梵魚寺行きのバス乗り場で市内バスで梵魚寺まで移動して山登る(北門方面
3.金剛公園でロープウェイを利用し、山に登り、南門方面へ歩く

  • スポット名 金井山と金井山城
  • 住所 釜山広域市金井区金城洞一帯
  • 電話 051-514-5501
  • 入場料 無料

口コミ

口コミを登録してください